Kurochu's LOG

人々の生活になくてはならないブログになることを目指して毎日更新

Kurochu's LOG

楽天(4755)の業績・株価・配当金・利回り・権利確定日

↓スポンサーリンク↓

(最終更新日:2020/07/04

株式投資にお勧めの証券会社Top3
↓大手ネット証券の代表格↓
NISA口座にも対応【DMM.com証券】
↓業界最安値水準の取引コスト↓

こんにちは、Kurochuです( ^ω^ )

 

この記事では、

東証一部に上場している楽天(4755)

業績・株価・配当金・利回り・権利確定日

などについて最新情報をまとめています。

会社概要


楽天クリムゾンハウス

 

楽天株式会社(らくてん、英: Rakuten, Inc.)は、インターネットサービスを展開する日本のIT企業です。

 

創業時はECモールを中心とした事業体でしたが、現在ではオンライン証券、クレジットカード等の金利・手数料収入等がグループ営業利益の中で高い割合を占めています。

インターネットショッピングモール「楽天市場」や総合旅行サイト「楽天トラベル」、ポータルサイト「インフォシーク」の運営等、幅広いECサイトを運営。1億以上のグループ会員数を誇る国内最大規模の経済圏を構築しています。

歴史・沿革

会社創業期

楽天株式会社(旧:株式会社エム・ディー・エム)の創業は1997年まで遡ります。「インターネットで人はモノを買わない」と言われた時代に、誰でも簡単に店を開けるようにしたいというコンセプトに基づき、インターネット・ショッピングモール『楽天市場』を開設。従業員6人、サーバー1台、13店舗でスタート。

2000年代以降

2000年4月、日本証券業協会(現:東京証券取引所JASDAQ)での株式公開によって、企業としての認知度を大きく向上させるとともに、上場で得た資金によるM&A等を通じた「楽天エコシステム(経済圏)」の形成を進めていくことになります。

2005年6月、国内信販株式会社(旧:楽天KC株式会社、現:KCカード株式会社)を子会社化し、クレジットカード決済サービスの『楽天カード』を発行開始。金融事業への進出を果たします。

楽天経済圏の構築

2006年、楽天グループ内の様々なサービスを有機的に結びつけ、ユーザーのグループサービス内での回遊性を高めるビジネスモデルとして「楽天エコシステム(経済圏)」構想を発表。2009年、イーバンク銀行株式会社(現 楽天銀行株式会社)の子会社化、および電子マネー事業を展開するビットワレット株式会社(現 楽天Edy株式会社)との資本提携により、経済圏に「決済事業」を取り込んでいきます

〜2020年

2011年、『楽天市場』の出店店舗数が3万8,000店舗、年間流通総額が1兆円を突破し、その2年後には東京証券所一部上場を果たします。

近年では、ネットとリアルをつなげるO2Oサービスの拡大を見込み、2014年に『Viber』買収、2020年にモバイル通信事業参入など、「通信・コミュニケーション」事業の強化を推進しています。

楽天(4755)の業績

ここからは、楽天(4755)の業績についてチェックしていきます。

売上高 / 純利益率の推移

楽天(4755)の過去5年分の売上高、および純利益率(当期純利益 ÷ 売上高)を掲載しています。

(最終更新日:2020/07/04


通貨単位:JPY Million

過去5年間の楽天(4755)の売上高、および純利益マージンを見ると、売上高増減率は +77.13% 、平均純利益率は +6.65% となっています。また、売上高の年平均成長率(CAGR)は +15.36% を記録しています。

事業セグメント別売上高

(最終更新日:2020/07/04

楽天(4755)の2019年度の事業セグメント別売上高を掲載しています。


通貨単位:JPY Million

楽天(4755)の事業セグメントは、 インターネットサービス(62.7%) フィンテック(38.5%) モバイル(9.5%) から構成されています。

地域セグメント別売上高

(最終更新日:2020/07/04

楽天(4755)の2019年度の地域セグメント別売上高を掲載しています。


通貨単位:JPY Million

楽天(4755)の地域セグメントは、 日本(79.6%) アメリカ(15.6%) アジア(2.4%) ヨーロッパ(2.3%) その他(0.1%) から構成されています。

楽天(4755)の株価

ここからは、楽天(4755)の株価についてチェックしていきます。

株価に関する参考指標

楽天(4755)の参考指標を掲載しています。

(最終更新日:2020/07/04
参考指標

時価総額
※市場が評価した銘柄の規模

1,352,803百万円 (07/03)

発行済株式数
※発行された合計株数(自己株式を含む)

1,434,573,900株 (07/03)

配当利回り(会社予想)
※株価に対する年間配当金の割合

---% (---)

1株配当(会社予想)
※1株当たりの現金配当の額

--- (2020/12)

PER(会社予想)
※収益に対する株価の割高/割安を測る指標

---倍 (---)

PBR(実績)
※純資産に対する株価の割高/割安を測る指標

(連) 1.88倍 (07/03)

EPS(会社予想)
※1株あたり利益

--- (2020/12)

BPS(実績)
※1株あたりの純資産

(連) 502.44 (2019/12)

最低購入代金
※1単元あたりの値段

94,300 (07/03)

単元株数
※取引の基準となる株数

100株

年初来高値

1,040 (20/05/14)

年初来安値

636 (20/03/17)

株価推移

楽天(4755)の過去10年分の株価を掲載しています。

(最終更新日:2020/07/04


通貨単位:JPY

10年間の楽天(4755)の株価推移を見ると、騰落率が +49.06% 、高値が 2,118円 、底値が 611円 となっています。

楽天(4755)の配当金

ここからは、楽天(4755)の配当金についてチェックしていきます。

配当金総額 / 配当性向の推移

楽天(4755)の過去6年間の配当金総額および配当性向(税引後利益 ÷ 配当金総額)の推移を掲載しています。

(最終更新日:2020/05/06


通貨単位:JPY Million

楽天(4755)の配当金総額を6年前と比較すると、騰落率は +2.54% 、年平均成長率(CAGR)は +0.50% となっています。

また、日系上場企業の平均配当性向が30%〜40%と言われている中、楽天(4755)の過去6年間の平均配当性向は 9.78% を記録しています。

一株当たり配当金推移

楽天(4755)の過去6年間の配当金推移(一株あたり)を掲載しています。

(最終更新日:2020/07/04


通貨単位:JPY

楽天(4755)の配当金を6年前と比較すると、騰落率は +0.00% 、年平均成長率(CAGR)は +0.00% となっています。

また、次回の年間配当金は 0円 (中間配当: 0円 、期末配当: 0円 )と予想されています。

楽天(4755)の配当金はいつ貰えるのか

次回配当金権利付き最終日

楽天(4755)の配当金(または株主優待)を貰うためには、『権利付き最終日』に株を保有している必要があります。

(最終更新日:2020/07/04

↓楽天(4755)の権利付き最終日↓

期末配当:2020年12月28日 / 中間配当:-

次回配当金権利落ち日

『権利落ち日』の市場開場まで株式を所有し続けることで、配当金(または株主優待)を貰う権利は確定されます。

「権利落ち日の市場開場まで」と規程されているため、『権利落ち日』に楽天(4755)の株式を売却しても配当金(または株主優待)は貰うことができます。

(最終更新日:2020/07/04

↓楽天(4755)の権利落ち日↓

期末配当:2020年12月29日 / 中間配当:-

有価証券報告書

楽天(4755)の最新の有価証券報告書は、2020年06月16日に提出・公表されています。以下のリンクからご覧いただけます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

楽天(4755)は、「ネット通販で国内双璧」「金融、旅行など総合路線」「社内英語公用化」「19年に携帯電話事業参入」等の特色を有し、将来的には業績の拡大が見込める企業です。

『配当』面に目を向けても、年間配当金(予想)は ---(2020/12) 、配当利回りは ---%(---) に達しており、インカムゲイン銘柄としてもポートフォリオに組み入れておきたいですね。

また、最低購入代金は 94,300円(07/03) とそれほど高くないので、投資初心者の方にもオススメな銘柄であると言えます。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

株式投資にお勧めの証券会社Top3
↓大手ネット証券の代表格↓
NISA口座にも対応【DMM.com証券】
↓業界最安値水準の取引コスト↓