Kurochu's LOG

人々の生活になくてはならないブログになることを目指して毎日更新

Kurochu's LOG

セブ島の玄関口、マクタン・セブ国際空港の空港利用料(Terminal Fee)がクレカ払いに対応!!

スポンサーリンク

こんにちは、Kurochuです( ^ω^ )

本記事は、フィリピンセブ島のマクタン・セブ国際空港における、『空港利用料(Terminal Fee)』に関するものです。

↓↓関連するブログ記事はこちら↓↓

はじめに

マクタン・セブ国際空港には、セブ島旅行を満喫した日本人旅行客を困惑させる空港使用料なるものが昔から存在していました。

「ただお金払えばいいんでしょ✌︎('ω'✌︎ )」と思う人がいるかもしれません。しかし実際には、この空港利用料が払えずにフライトにチェックイン出来ない日本人旅行客が続出しました。

なぜかというと、2018年夏までマクタン・セブ国際空港が、現地通貨(PHP)での空港使用料の納付を義務付けていたからなんです。日本円や米ドルでの支払いは言わずもがな、クレジットカードでの支払いすら一切受け付けてくれませんでした。

旅行客の中には、日本から持ってきたお金を全てフィリピン国内で全てお土産購入に使ってしまうという方も多くいますよね?そのような方々が、空港に着いた時に空港使用料を払えず、高金利のキャッシングサービスを使わざるを得なかったりしていました。

そんな不便極まりないマクタン・セブ国際空港でしたが、最近、空港利用料に関して嬉しい変更があったので、今回はそれをご紹介していきます。

空港使用料(Terminal Fee)とは?

「そもそも空港使用料(Terminal Fee)って何?」という方のために、まずはそこから説明していきます〜〜〜。

空港使用料とは、空港運営会社が空港利用客から徴収する手数料のことを指します。ここで回収された空港使用料は、旅客ターミナルビルの共用スペースなど、旅行客が使用するさまざまな施設の整備・運営に使われているのです

f:id:kinnikongu11:20190421223234p:plain

ですが、多くの方が「空港使用料」というものが存在していることすら知りません。

なぜなら、空港使用料は、航空会社が航空運賃と共に徴収し、間接的に空港運営会社に支払われているからなんです。この支払いスタイルは「オンチケット方式」と呼ばれています。

かつての日本には、空港に自動販売機などが設置されており、そこで空港使用料のチケットが売られていたそうです。つまり、航空会社が間接的に支払うのではなく、旅行者が空港に直接支払うスタイルが採用されていました。しかし、利便性向上などの目的で、現在は国内全ての空港がオンチケット方式を採用しています。

一方、マクタン・セブ国際空港では、未だに空港へ直接支払うスタイルが採用されている為、前述のような問題が起きてしまっていたのですねぇ。

空港使用料の比較

空港使用料の金額は、空港および国によって異なるそうです。国内の空港使用料が高い空港Top10をまとめてみました。皆さんが、普段使用している空港からいくらの空港使用料を取られているのか、参考にしてみてください。

国内主要空港:

  1. 関西・国際線 3,040円(1T)
  2. 成田・国際線 2,610円(1,2T)
  3. 羽田・国際線 2,570円
  4. 中部・国際線 2,570円
  5. 成田・国際線 1,540円(3T)
  6. 関西・国際線 1,540円(2T)
  7. 新千歳・国際線 1,030円
  8. 那覇・国際線 1,000円
  9. 福岡・国際線 970円
  10. 茨城・国際線 520円

普段、Kurochuは成田空港の国際線を使っているので、毎回旅行する度に2,610円が知らず知らずのうちに徴収されていたことになります。悔やじぃぃぃぃ(笑)

また、日本の空港使用料が周辺国と比べてどの水準なのかも気になったので、少しだけ調べてみました。

周辺国空港使用料:

  • 韓国 約900円
  • 台湾 約1,810円
  • 中国 約1,500円
  • 香港 約1,670円
  • マクタン・セブ国際空港 約1,870円

 周辺国と比べてみると、日本の空港使用料は高すぎる気がします。

気になるマクタン・セブ国際空港の空港使用料ですが、フィリピンの一人当たりGDPや空港サービスの質を考慮すると、「ちょっと高すぎだろぉ、、、」という感想を抱く人が多いのではないでしょうか(笑)

マクタン・セブ国際空港の空港使用料がクレカ払いOKになった!?

さてさて、ここからが本題です。

2018年の夏、マクタン・セブ国際空港の出国ターミナルがリニューアルされました。

f:id:kinnikongu11:20190423170200p:plain

これもちょっとしたニュースになりましたよね(セブ好きの間だけですが)。

これい伴って、フィリピンペソでの支払いの他に、クレジットカードによる空港使用料の支払いを認めることになったのです!!

半信半疑の方もいるかと思い、Kurochuが先日マクタン・セブ国際空港を利用した際、ちゃんと証拠を撮ってきましたよ( T_T)\(^-^ )

f:id:kinnikongu11:20190421232727p:plain

昔の不便さを知っているKurochuからするとこの変化は青天の霹靂です(笑)

Kurochuがセブ島に語学留学していた頃、セブで有り金全てをお土産に費やしてしまった友人がおり、空港使用料750ペソを払えず、フライトをキャンセルするという大事件がありました。今後、このようなことが無くなると考えると嬉しいのですが、それと同時に、どんどん発展していくセブ島に取り残されていくようでちょっと悲しいような気も、、、(>_<)

Kurochuも歳をとったんだなぁと感じる今日この頃です(笑)

ちなみに、Kurochuの思い出話の中では、「空港使用料750ペソ」と言ったのですが、空港のリニューアルと同時に100ペソ値上げされ、現在は850ペソ(約1,870円)ですので、ご注意ください。そこはリニューアルしなくても良かったんだけどなぁ( ̄  ̄)

f:id:kinnikongu11:20190421233705p:plain

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、空港使用料とは何か?から、マクタン・セブ国際空港の空港使用料の値上げ&クレカ対応について書いてきました。

本記事が、皆様のお役に立てば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m